IDS/IPS 自動化保護

ボットネット指揮統制や悪質ネットワークから企業を保護

サイバー空間の過酷なサバイバル

企業のネットワーク環境には、非常に広範囲の社内ネットワークへのアクセスポイント、さらにそのほか公開、非公開ネットワークへのアクセスポイントが存在します。

見るに堪えない現況

現状では、サイバー攻撃の範囲と重大度はますます高まっています。 したがって、ビジネスを保護するためにそれらを阻止することはこれまで以上に困難です-ファイアウォールまたは暗号化があなたを保護できるという仮定の下で運用している場合はさらに困難です。 結局のところ、これらの技術的ソリューションは、今日の高度で洗練されたサイバー攻撃に耐えることができません。

現在のニーズ

ネットワークセキュリティーを強化して攻撃の危険性を軽減し、新しい攻撃を阻止するには、効果的な不正侵入検知と防止システムが必要となっています。

不正侵入検知システム(Intrustion Detection System, IDS)とは?

不正侵入検知システム(IDS)とは、ソーシャルエンジニアリング攻撃やマルウェアなどの進行中の攻撃、漏えい、脆弱性を検知して分析し、管理者に警告を送るソフトウェアまたはハードウェアのことです。

不正侵入防止システム(Intrusion Detection System, IPS)とは?

不正侵入防止システム(IPS)とは、ネットワークを保護するソフトウェアまたはハードウェアで、重要な防御層として働いてサイバー脅威を阻止します。

求められる対策

相互を補完するIDSとIPSは、いったん実装されるとネットワークの保護において重要な機能を果たします。あらゆる企業にとって、ネットワークセキュリティーの必要不可欠な要素なのです。

こうしたシステムを適切に使用するには、定期的なチューニング、先を見越した管理と特別な知識が必要となるため、購入すれば簡単に利用できるわけではありません。Pipeline Securityは、それらのすべてを提供するだけでなくそのほかの付加価値もお届けします。

|サイバー環境の危険を最小化して。脅威を無害化。

|セキュリティーを強化

オンデマンドのIDS/IPS

Pipeline SecurityのIDS/IPS保護

Pipeline Seccurityは、IDSとIPSの自動化された保護を提供しています。ネットワークを常時監視し、あらゆる問題を検知、情報を記録するだけでなく、潜在的なセキュリティーインシデントの調査と対応を実施して、セキュリティー専門家に警告を送信します。

IDSとIPSに投資して、迅速に脆弱性、脅威と攻撃を検知、無害化してください。手遅れになる前の対策が必要です。