ネットワーク脅威保護

企業向けネットワークセキュリティーのためのコンテンツフィルタリングデータを活用します。

アクセスが簡単、正確、実用的なサイバー脅威データ

インターネットはセキュリティーを重視して設計されたわけではないため、ネットワークセキュリティー保護のためのデータは非常に重要です。最善の形で管理されているネットワークでも悪用される可能性はあります。ネットワーク脅威保護データは、お客様のネットワークを脅かす恐れのある、既知の悪質IPアドレスへの露出度を削減し、企業ネットワークセキュリティーの確実な管理に役立ちます。

迅速な対応が求められる新しいサイバー脅威

脅威は常に変化し続けています。このため、それに対抗するためのデータも常に更新していく必要があります。Pipeline Securityのデータは、クリプトジャッキング運用や指揮統制ネットワークなど、常に変化し続ける攻撃手段がもたらす課題にも対応し、TORexitノードなどの迷惑または危険なトラフィックを遮断します。毎日24時間絶え間なく働くデータが、悪質なオンライン通信から企業の安全を守ります。

アクセスが簡単で正確なサイバー脅威データ

ネットワーク脅威保護データには、マルウェアのドロップサイト、マルウェアのホスティングサイト、悪質リダイレクター、ボットネット指揮統制サーバーやそのほかの悪質なサイバー活動に利用される、数百万件の悪質IPおよびドメインが網羅されています。誤判定がほぼゼロになるよう全データが管理されているため、ビジネス運用に悪影響を与えずに、悪質な活動からの保護を保証します。

リアルタイムソリューションでネットワークを保護

Pipeline Securityは、Elastic、Splunk、Snort、Zimbra、Graylog、Postfix、Infoblox、F5、Nominum、Unbound、Bind、EfficientIPなど、多様なオープンソースと商用双方のセキュリティーソリューション向けにサイバー脅威データを提供しています。

IPS/IDS自動化保護

IDS/IPS SNORTの自動アップデートには、マルウェア、トロイの木馬ダウンローダーやボットネットコントローラーの流布を目的にプロのスパムまたはサイバー犯罪組織が「ハイジャック」あるいはリースしているネットブロックが含まれます。

BGPやファイアウォール、ボットネットC&Cの保護

BGPファイアウォールには、インターネット上のボットネットコントローラーやボットに関するインテリジェンスを提供する、サイバー脅威IPのデータソースが複数含まれています。

DNSファイアウォール & 応答ポリシーゾーン

RPZ(Response Policy Zone、応答ポリシーゾーン)は、ネットワーク全体でDNSリゾルバーがルックアップの際に既知の悪質ドメインを名前解決するのを防ぎます。

消費用に公開されているDNS応答ポリシーゾーンフィードリストをご紹介

企業の大小問わず、強固で非常に効果的な電子メールセキュリティソリューションは、コストのかかるデータやビジネスのダウンタイム、評判の低下を回避するのには必要不可欠です。

Pipeline SecurityのAntiPhishing&Malware DomainProtectionを使用し、デジタル資産を守り、あなたのビジネスの本業に集中できるようにしましょう。

Start your 30 day Free Trial

30日間の無料トライアル