30日間の無料トライアル
ご興味のある製品やサービスをお選びください。
法執行機関およびCERT
法執行機関とCERTのサイバー犯罪者との闘いを支援します。


広範囲におよぶサーバー脅威

監視目的のネットワークハッキング、金融情報の入手を目的としたセキュリティ侵害から、民主的なプロセスに影響を与えて政治体制を不安定化させるために行われるデータの逆浸出まで、サイバー攻撃はますます範囲と規模を拡大させ深刻の度を増しています。
深刻なサイバーセキュリティ問題
国や企業に対するサイバー攻撃は、新聞の見出しに毎日載るほどの加速度を見せ、件数も増加しています。しかしこれまでのところ、それに対する対応は不十分なままです。

世界のデジタル経済や政治機構、機関、個人は皆、安定性を揺るがして損害を与えるサイバー攻撃に翻弄されるばかりです。ある特定の業界または国がリスクにさらされているわけではなく、国際社会全体に危険が及んでいるのです。そのため、対策は世界規模で実施する必要があります。

サイバー犯罪取り締まりにおけるギャップ

サイバー攻撃者に対して世界的規模の調査を行う上での課題は、通常こうした犯罪者は外国の地で活動し、多様な技術や手口、システムを利用していることにあります。世界のエコシステムに存在するすべての公的機関と民間機関が協力し合って初めて、サイバー犯罪への取り組みを実現することができます。
法執行機関 & CERTポータル
サイバー犯罪から企業の安全を確保しビジネスを守るには、世界規模の調査を可能にすることが重要です。そのため継続維持できるポータルを確立し、法執行のギャップを取り除く必要性が生まれます。

Pipeline Securityは法執行機関とCERT機関の能力強化のため、特別に開発された最新鋭のサイバーセキュリティポータルへのアクセスを提供し、包括的なデータを無償で供給しています。
|新しい世界的アーキテクチャー
機密の個人データまたはサイバー犯罪の詳細からなる証拠レコードを便利かつ安全に共有します。

管轄地域内のコンピューターがマルウェアやボットに感染した場合、関連するCERT/CSIRT機関に通知します。

法施行機関がサイバー犯罪者に対して確固たる行動を起こすのに役立つ、リアルタイムの脅威インテリジェンスを活用します。

|協力体制の拡大を推進

アフリカやアジア太平洋地域から中東まで、さまざまな地域のCERT機関やCSIRT機関の間の連携をシームレスに調整します。


新たに出現した脅威に関する認識を高め、より優れたセキュリティプラクティスを実装してサイバー脅威からの安全を確保します。


民間業界および公共部門のための、適応性と耐性が高いサイバーセキュリティ基準の確立を支援します。

|より安全なインターネット

広範囲に広がるサイバーセキュリティ脅威の一歩先を行く、人間の手によるインテリジェンスを活用します。

サイバーセキュリティの現状における複雑な課題に対応できるよう、リアルタイムの脅威データでサイバーセキュリティ担当チームを強力にバックアップします。

効果的かつ効率的な手法を利用し、サイバー脅威を確実に阻止してサイバー犯罪者の責任を追及します。
Pipeline Securityとともに課題を解決
インターネットへの依存度の増大、技術の発展および相互接続されたデバイスの飛躍的な増加、急激なグローバル化、さらにデジタルネットワークとインフラストラクチャーの密接な結びつきは、すべてサイバー攻撃の危険を高める要因となっています。

Pipeline Securityは、お客様がサイバー犯罪者に後れを取らず、時と場所を選ばずにスムーズにビジネスの運用を進めることができるよう、実用的なインテリジェンスを提供しています。
エキスパートに相談
グローバルにて信頼されているエキスパートがご回答します。