アンチスパムおよび悪質IPからの保護

スパムと闘い、ビジネスをお守りします。

スパムとは?

スパムとは、ジャンクメールや迷惑メールなど、大量に送信される不要なEメールの総称です。1990年代のインターネット商用利用に伴って登場したスパムメールですが、企業は今日に至るまでスパムメールから身を守るために苦戦を強いられています。

スパムのよくある形態には、絶え間なく送られてくる商用広告、偽のアンチウィルス警告、なりすましEメール、金銭詐欺や賞金当選偽装などが挙げられます。

ビジネスが攻撃の標的に

スパムメールが原因による不満や業務効率の低下はだれもが経験したことがあるでしょう。しかし、スパムメールがビジネスに深刻な影響を与えうることはご存知でしたか?

例えばだまされて個人情報を送ったために身元詐称の被害者になってしまったり、マルウェアをダウンロードして自社や他社のネットワークを感染させてしまったり、ということが起こる可能性があり、危険度は非常に高いです。

大局的な観点

世界のEメールトラフィック全体の約54.6%がスパムで構成されていると、KasperskyやSymantecが指摘しています。スパムメールの数は世界で1日当たり150億件に上り、平均的なEメールユーザーは1か月で少なくとも16件の悪質なスパムメールを受信すると推定されています。これはかなりの数です。

ビジネスにとっても、多大な損害を与える可能性のある、マルウェアに感染したサイトへのリダイレクトやボットネットといった悪質な活動を、毎日数千件も回避しなければならないことになります。たった1度の失敗で取り替えしのつかない事態を招くこともあります。

したがってEメールセキュリティーの強化は必要不可欠であり、直ちに実施する必要があります。

Pipeline Securityによる受信箱の保護

アンチスパムとIP保護で構成された、Pipeline Securityの一流Eメールセキュリティーソリューションは、スパムや悪質メッセージに加え、現在のEメール脅威に存在するさまざまな攻撃ベクターにも対応できる、効果の高い総合的なセキュリティーを提供します。

|標的型の高度な脅威への対策

|保護

|総合的なセキュリティーソリューション

Pipeline Securityの強い耐性を持つEメールセキュリティーサービス

Eメールは、損害を与えるためにサイバー犯罪者が使用する主な攻撃の手法です。

Pipeline Securityが提供する高度なEメールセキュリティーソリューション、アンチスパム、悪質IP保護を利用し、多大な損害の原因となるダウンタイムやデータの流出、評判ならびにアイデンティティーの損失、知的財産の流出からビジネスを保護します。

Start your 30 day Free Trial

Speak with an expert

Proven & Trusted Globally – Get the answers you need.

30日間の無料トライアル

エキスパートに相談

グローバルにて信頼されているエキスパートがご回答します。